About Dr. Saito

開発者について

開発者について

株式会社 日本機能性医学研究所

所長/医師 斎藤糧三

Profile

医師/日本機能性医学研究所所長 https://ifmj.jp/

1973年生まれ。更年期障害の女性に対してテストステロンを使用、自律神経調整療法のパイオニアであった斎藤信彦(医学博士)の三男。1998年、日本医科大学卒業後、産婦人科医に。その後、美容皮膚科治療、栄養療法、点滴療法、ホルモン療法を統合したトータルアンチエイジング理論を確立。2008年、「機能性医学」の普及と研究を推進するため「日本機能性医学研究所」を設立(2009年に法人化)。2013年、「食で日本を健康にします」をモットーに、「一般社団法人日本ファンクショナルダイエット協会」を白澤卓二先生とともに設立。2017年、スーパーフードとしての牧草牛の普及を目指し、日本初の牧草牛専門精肉店「Saito Farm」をオープン。2018年、ソフトウエア医療機器の開発企業として株式会社「ライフクエスト」を設立。2019年夏、細胞機能再生クリニック「RECLINIC」を開院。

著作に「サーファーに花粉症はいない」(小学館)、「慢性病を根本から治す『機能性医学』の考え方」(光文社新書)、「糖質制限+肉食でケトン体回路を回し健康的に痩せる!ケトジェニックダイエット」(講談社)、「病気を遠ざける! 1日1回日光浴日本人は知らないビタミンDの実力」(講談社+α新書)など。

所属学会他


テレビ出演

NHK「ガッテン!」/ 日本テレビ「ザ!世界仰天ニュース」/ フジテレビ「ノンストップ!」「華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!」/ TBSテレビ「あさチャン!」「名医のTHE太鼓判!」「健康カプセル!ゲンキの時間」「櫻井・有吉THE夜会」/ テレビ朝日「林修の今でしょ!講座」「羽鳥慎一モーニングショー」/ NHK BSプレミアム「偉人達の健康診断 歴史に学ぶ健康法」他多数


雑誌掲載

小学館「美的」「oggi」「女性セブン」「週刊ポスト」/ 集英社「UOMO」「SPUR」「MAQUIA」「エクラ」「MyAge」/マガジンハウス「Tarzan」「GINZA」「BRUTAS」/講談社「週刊現代」「VoCE」/光文社「美ST」「女性自身」/文藝春秋「週刊文春」「Number Do」「CREA」/コンデナストジャパン「GQ JAPAN 「VOGUE JAPAN」/宝島社「GLOW」/祥伝社「からだにいいこと」/主婦の友社「Vitamin ef」/日経BP社「日経トレンディ」「日経ヘルス」/リクルート「ホットペッパー」/ハースト婦人画報社「婦人画報」「ELLE gourmet」/東京カレンダー「東京カレンダー」/東京スポーツ社「東京スポーツ」他多数

メッセージ

私たちの健康状態は、「いま何を選ぶか」という積み重ねの結果です。
たとえば、食べるもの。
「おいしさ」「栄養成分」「安全性」「機能性」など、選ぶ基準はたくさんあります。
食事はもちろん運動も、そして日々の小さな生活習慣まで、
いま何を選ぶかということが、明日の体調やストレスに影響を与えます。
つまり「より良い選択の積み重ね」が私たちの心身の健康をつくっているのです。
健やかな生活を支援するために、皆さまに「最適な選択」を提供できるよう心がけています。

日本機能性医学研究所 斎藤糧三

主な著書

斎藤医師の診療が受けられるクリニック

こちらのクリニックで機能性医学に基づき、慢性疾患の根本治療、アンチエイジング治療を患者様のご要望にあわせて行います。

ナグモクリニック(本院)
アンチエイジング外来

詳しくはこちら

サーモセルクリニック

詳しくはこちら