ホーム > 商品一覧 > 「mdFood」 エム・ディ フード 10食分

「mdFood」 エムディ・フード 10食分
「mdFood」 エム・ディ フード 10食分

「mdFood」 エム・ディ フード 10食分

商品番号 mdFood4010p

商品価格10,800円(税込)

[ 送料込 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

腸内フローラの鍵を握るオリゴ糖、食物繊維で
善玉菌を励ますサプリメント
IgGフードアレルギー検査で「バリア破綻タイプ」の方に

【こんな方におすすめ】
☑お通じがスッキリしない方、あるいは過敏性で水のような方
☑IgGフードアレルギー検査で「バリア破綻タイプ」だった方
☑上質な「置き換えプロテイン」を探している方
☑オナラがくさい、便臭が強い、お腹が張る方
☑腸内フローラのメンテナンスをしたい方
☑糖質オフダイエットや、「ケトジェニックダイエット」をしたい方

【商品の特徴】
●臨床の現場から生まれたmdシリーズ
●mdfoodとnewBasicを併用することで、栄養バランスを最適化
●タンパク質が不足しがちなアジア人にマッチした、低アレルギーで吸収のよい大豆ペプタイドを配合
●食物アレルギー治療中のフードローテーションにも
●胃酸や熱に強い「有胞子乳酸菌」を採用
●長年の機能性医学の臨床経験でたどりついた、オリゴ糖と食物繊維の配合

【もっと詳しく】
mdFoodは、「腸の異常は全身不調の原因となる」という機能性医学の原則に基づき、臨床現場の厳しい要求に応えるために、度重なる処方改善を経て完成されたフォーミュラです。開発にあたったドクター斎藤は語ります。「腸内細菌はおよそ1000種類存在し、さまざまな仕事をしています。1種類の乳酸菌を投入するのは野球に例えると、助っ人外国人選手。しかし、約1000種類の菌がこなす仕事を、助っ人外国人選手がすべてできるわけがないのです。腸内フローラにおいては、スタメン日本人選手の年俸を手厚くするべく、オリゴ糖や食物繊維を十分に、しかも数ある食物繊維の中から彼らが喜ぶものを厳選する必要があります。mdFoodは、助っ人外国人選手が出来なかった全体的な変化をもたらし、チームを根本的に改善します。また、寝る前に摂取することもポイントです。

【お召し上がり方】
1日1食(1包)を目安に、80〜180mLの水に溶かしてお召し上がりください。お休み前がオススメです。
本商品は、糖類や合成甘味料に敏感な方のための商品設計となっています。甘みが必要な場合はお好みで添加してお召し上がりください。豆乳で溶かしても美味しく召し上がれます。

※本品を水に溶かした後はできるだけ、早めにお召し上がりください。

【栄養成分】
1包=30g当たり
エネルギー:107.1kcal、たんぱく質:15.3g、脂質:0.4g、炭水化物:10.6g(糖類:0.56g)、食塩相当量:0.48g、V.A:300μg;(1,000IU)、V.B1:20mg、V.B2:10mg、ナイアシン:30mg、パントテン酸:100mg、V.B6:15mg、V.B12:100μg、葉酸:200μg、ビオチン:100μg、V.C:100mg、V.D:20μg;(800IU)、V.E:20mg、カルシウム:150mg、マグネシウム:150mg、銅:0.3mg、亜鉛:15mg、鉄:5mg
塩化カリウム:700mg(カリウムとして350mg)、大豆ペプチド:15g、β-カロテン:900μg
※糖類は、大豆ペプチドを主とした植物原料に由来します。
一日当たりの摂取目安量に含まれる栄養素等表示基準値に占める割合 ビオチン200%、亜鉛170%

【原材料】
大豆ペプチド、難消化性デキストリン、イソマルトオリゴ糖、グァーガム酵素分解物(食物繊維)、フラクトオリゴ糖、有胞子性乳酸菌、銅含有酵母 / L -グルタミン、塩化カリウム、貝カルシウム、酸化マグネシウム、L -メチオニン、パントテン酸Ca、グルコン酸亜鉛、V.C、V.E、ナイアシン 、β-カロテン、V.B1、ピロリン酸第二鉄、V.B6、V.B2、ビオチン、V.B12、V.A、V.D、葉酸
【内容量】
300g(30g×10包)
【安全のために】
●本品は、多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進されるものではありません。
●1日の摂取目安量を守ってください。
●亜鉛の摂りすぎは、銅の吸収を阻害するおそれがありますので、過剰摂取にならないよう注意してください。
●原材料をご確認の上、食品アレルギーが心配な方はご利用をお控えください。
●乳幼児・小児は本品の摂取を避けてください。
●体質によりまれに身体に合わない場合がありますので、その場合は使用を中止してください。
●疾病などで治療中の方や妊娠中の方がご利用になる場合には事前に医師にご相談ください。
●食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
●本品は、特定保険用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。 

カートへ